名古屋 【うつ病の時に「がんばって」が辛い理由】

●うつ病の時に「がんばって」が辛い理由 うつ治癒専門家 山崎マサミズです! もう子供たちは夏休みですね。 外では、大声を出して走り回る子どもたち 元気がいいです。 だって、駐車場からスーパーの入り口まで猛ダッシュ! それを見ていて”すごい”って関心してました。 その時、 ふと心に感じた事があります。 それは 「人にがんばれって言うのは、なんでだろう?」ってこと。 あなたは、なんでだと思いますか?? なんだろう? ぼくはこう思います。 「相手に頑張ってほしいから!!」 頑張ってほしくない人には、そんな言葉かけません。 じゃぁ、逆に 「がんばって!!」って、言われた相手はどんな気持ちになるんでしょう? 「何も感じない」って方もいるかもしれませんし   「なんか、あの人に頑張れって応援されたから、出来そうな気がする!」 「いやぁ、なんかあの言葉、嫌だなぁ」 他にもいろいろあると思います。 人によって受け取り方は違いますよね。 誰かに頑張ってって言ってもらった方がいい人 誰かに頑張ってって言われるのが嫌な人 いるわけです。 そして、1つだけ確実に言える事があります。 それは、 うつ病の時はがんばれない   そもそも、うつ病っていうのはエネルギー切れの状態なんです。 だから エネルギーがない状態で、動けないわけですよ。 だから 食欲がなくなったり。 誰とも会いたくなくなったり。 何もする気が起きなくなったり、するわけです。 食べる事も、誰かと会う事も、何かをする事も、エネルギーが必要ですから。 だから、 うつ病の人には「がんばれ」って言わない方がいいって言われているのかもしれませんね。 しかし、 うつ病を自分で何とかしようとする場合 1つだけ、頑張らなきゃいけない事あります。 それは、 休む事です。 心穏やかに、休む事です。 「そうは言っても!そんなに休めない!!」 って思いますよね。 だから、心療内科やメンタルクリニックに通い お薬の力をかりながら、その症状を抑えながら 頑張るのかもしれませんね。 そこで1つだけご提案があります。 それは、沢山の選択肢をあなたの中に持つってのはどうでしょうってことです。 メンタルクリニック、心療内科、カウンセリング、コーチング、整体、気功、食事療法、休む事、などなど他にも沢山あります。 うつ病=一生付き合っていく病気 ではありません! うつ病は、治癒・改善することは可能です。 出来る事からでいいんです。 小さなことから 少しづつ イッポイッポ  

関連記事一覧