点滴=血液=羊水=海水

こんにちは。

 

最近、塩の記事が多いですね^^

 

結構大切なので、読んでいただけると嬉しいです。

 

ミネラルを補給するには、塩が大事というお話をしてきました。

 

ただし、これは天然の塩に限ります。

 

食卓塩と呼ばれる精製塩は、「塩化ナトリウム(Nacl)が99%以上」と表示されています。

 

この高純度の精製物(塩以外でも)が身体に取り入れられると、万病の元と言われる活性酸素が発生するといわれています。

 

また、塩化ナトリウムしかないため、体内でのミネラルバランスが大きく崩れてしまいます。

 

このバランスが崩れれば、体内ではナトリウムを多く排出したり、細胞からカリウムを奪ったりします。

 

塩を買う時は、表示をよくよく見てみてくださいね^^

 

 

そして、ミネラルを補えるのは、身体の組成に近い天然塩です。

 

天然塩は塩化ナトリウムの他、カリウムを含む多くのミネラルからできており、バランスが整っているので身体への負担はほとんどないそうです。

 

このミネラルのバランスがとても重要なのです!

 

 

ちなみに、病院で日常的によく使われる点滴、リンゲル液っていうんですけど、これは、血液の成分に合わせて作られています。

 

これには、種類にもよるみたいですが、塩化ナトリウムが3㌘程入っており、入院すると2〜4本点滴するそうです。

 

ってことは、6〜12㌘の塩化ナトリウムが血液に直接はいるわけですね。

 

 

点滴=血液=羊水=海水

 

 

本日も、最後までお読み頂きありがとうございました。^^

福岡の自律神経・神経症専門 海のサロン空 山崎 マサミズでした^^


スクールのご案内⇒コチラをご覧ください

動画記事のご案内⇒コチラからご覧ください

福岡 自律神経専門院 海のサロン空 山崎 マサミズ

ホームページをご覧のあなたにプレセント!

お問合せの際に「ホームページを見た」とお伝え頂くだけで構いません。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

ご予約、お問い合わせ