カビには要注意①

こんにちは。

 

カビは真菌っていって、きのこや酵母の仲間で空気中や土壌など様々な場所に広く生息しています。

 

カビは植物でいう種となる胞子を放出します。

 

その胞子は空気中を漂い、あらゆるものにくっつきます。

 

胞子が定着し菌糸を伸ばし、目に見える大きさまで増殖したものが、ぼくらが目にするカビになります。

 

どういうふうにカビが発生するかというとですね、

 

”温度”👉25℃くらい

 

”湿度”👉80%以上

 

”栄養”水分、皮脂や埃、タンパク質や炭水化物などの有機物

 

の3つの条件が必要です。

 

 

学生の頃、友達の下宿先に遊びに行った時の話です。

 

ひたすら遊んで、そのこの家で鍋をしよう!ってなって、コンロに置いてある鍋を開けると・・・

 

色とりどりのカビが生えてました笑

 

 

今でも覚えています。

 

ほわっとふわっとした感じのキレイなカビでした!

 

もちろん、その日は鍋は中止にしましたが笑

 

鍋の中は上の3つの条件を満たしていたんでしょうね。

 

すくすくと育っていました。

 

一体何日あの状態で放置されていたんでしょうか・・・

 

なぞです。

 

 

ということで、長くなりましたので、続きはまた明日!

 

次はカビに夜病気に関して書きますね^^

 

 

本日も、最後までお読み頂きありがとうございました。^^

福岡の自律神経・神経症専門 海のサロン空 山崎 マサミズでした^^


スクールのご案内⇒コチラをご覧ください

動画記事のご案内⇒コチラからご覧ください

福岡 自律神経専門院 海のサロン空 山崎 マサミズ

ホームページをご覧のあなたにプレセント!

お問合せの際に「ホームページを見た」とお伝え頂くだけで構いません。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

ご予約、お問い合わせ