【自律神経・閉所・高所恐怖症・パニック症状】 K様 30代 女性

【自律神経・閉所・高所恐怖症・パニック症状】 K様 30代 女性

 

今回ご紹介するのは、【自律神経・閉所・高所恐怖症・パニック症状】のお悩みを抱えていらっしゃったK様が計8回の施術で改善した事例です。

 

<来院前のお悩みは?>

・血圧が安定せず、不正出血がある
・狭い所や高い所が怖くて、車の運転もできてなくて怖い。
・外出するのが億劫
・時々息ができないくらい苦しくなる
・胸が苦しい
・首のコリが強い
・寝つきが悪く、夜中に何度も目が覚めてしまう

 

<改善状況>
《1~2回目》
何をするにしても”自己犠牲”を前提にする身体や心の使い方をしていたため、それを改善する施術を行いました。
その後は、コリや頭痛もなくなったご様子でした。
胸の苦しさは少しだけ減ってきたような気がすると感じられていたようです。

 

《2~3回目》
トラウマが閉所や高所の恐怖に関連していた為、トラウマを壊すという施術をしました。
その後は、高所に関しては怖くはなくなったご様子でした。
睡眠に関して、寝入りは前に比べるとスムーズになったようです。

 

《3~5回目》
脳脊髄液の流れの調節と、「~であるべき」という”自己洗脳”的な思考が強かった為、それらを解体する施術をしました。
その後は、慢性的なコリからは解消されたようで、頭痛もまったくないご様子でした。
「少し、頭のフワフワは残っているが前ほどではないので楽です」とのことでした。

 

《6~7回目》
もともともっていた生命力が弱かった為、それらを強くする施術をしました。
「閉所や高所に関する恐怖がなくなり、旅行にいってきました」と、お喜びのご様子でした。
パニック症状は消失し、胸の違和感も消失したご様子でした。

 

《8回目》
ご来院前のお悩みになっていた症状は消失し、「前より仕事もプライベートも楽になりました。」とのことでしたので、ご卒業となりました。

 

<海のサロン空からのコメント>
K様は、仕事にプライベートに一生懸命な方でした。
多くの人の助けになりたいとずっとずっと思いながら生活されていたようでした。
その強い思いが、良くも悪くも”自己犠牲”を発生させてしまったんです。
そしてそれが、様々な症状を発生させる1つの切っ掛けになってしまったんですね。

治療を進めていく中で、段々とご自身を大事にしながら周りを大事するという気づきのもと改善されていきました。
そして何より、”多くの人の力になりたい”という思いが改善に向かう強い力になったんだと思います。

Kさん、これからも、ご自身を大事にしながらより多くの方を幸せにしていって下さいね!

 

 

福岡 自律神経・神経症専門 海のサロン空 山崎 マサミズ

 


ホームページをご覧のあなたにプレセント!

お問合せの際に「ホームページを見た」とお伝え頂くだけで構いません。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

関連記事一覧